~現在は新規募集を行っていません~


豊中市が二酸化炭素排出量の削減を目的として、実施する取組みです。豊中市内の中小企業や商店を対象としています。
診断後、対策に取り組まれ、3割以上の省エネを実現した例もあります。
指定の養成講座を受けた受託者と、他地域で多数の診断実績があるアドバイザーが訪問。


2018年2月16日まで


【訪問診断 事業所1~2時間程度、店舗30分~1時間程度】
指定の養成講座を受けた受託者と、多数の診断実績があるアドバイザーが訪問。
エネルギーを消費する設備や機器を確認し、記録の写真撮影を行います。また、照度計・温湿度計などを使用し、現状の明るさや温湿度を適宜測定します。

診断先の基礎情報や光熱費をおうかがいします。過去1年分の光熱水費のデータ、1か月分の検針票のコピー、診断場所の図面(小売店は不要)を提供ください。ヒアリングを中心に、対話型で診断を進めます。

001.jpg002.jpg

【結果報告 30分程度】
診断結果のシートをお渡しして、現状や省エネのポイントを説明します。診断結果では、光熱費の内訳やランキングにより、何にコストがかかっているかが分かります。オススメの省エネ対策として、お金のかからない工夫も提案します。

003.jpg

【フォローアップ】
結果提出後1年を目安に、効果を測定するための追跡調査を行い、その時点の簡易な報告もいたします。


●診断先の住所が豊中市内であること
●エネルギー消費量について、国への報告義務がないこと
●診断に必要な情報提供や、診断先への立ち入りができること


●豊中市の事業のため、物品販売の営業とは関係ありません。
●診断中はつきっきりで対応する必要はありません。診断員が確認して回る間は仕事を続けて
 いただき、最初か最後にわからないことをまとめて質問いたします。


●豊中市の事業として不適切と思われる業種の場合や、診断に必要な情報提供をいただけない
 場合は、お断りすることがあります。
●店舗と住居が一体型で光熱費が住居分と一緒になっている場合、居住スペースも診断を
 させていただく場合があります。
●診断中は写真撮影も行います。写真撮影できない場所があれば、診断時にお知らせくだ
 さい。


申込書に必要事項を記入し、メール・FAXなどで申込書に記載の申込み先へお送りください。
パンフレットPDF 645KB
申込書(Word 858KB)

01.png